年代なんて関係ない!一味違う「デート」の楽しみかた

カップル

デートに年齢制限はありません。好きな人がいたら時間を共有したいと思うのはとても自然なことです。あなたの人生をより豊かにするデートをもっと気楽に考えてみましょう。


相手がいないとデートは始まらない

あなたのふだんの生活でだれか気になる異性はいますか?もうそんな歳でもないし…と思っていませんか?ぜんぜん見つからないという人は、異性と出会える場所へ自ら出向くことも必要です。
趣味の集いに参加するとか、著名人の講演を聴くなどいかがでしょうか。そこには同じ興味を持つ人同士が集まっています。ささいなきっかけで会話が始まるチャンスがあるでしょう。
これはという人がいたら、さっそく「いまからコーヒーでもいかがですか?」と気軽に誘ってみましょう。

意外と多い友人からの紹介

連絡がつく友人知人を何人思い浮かべられますか。その中に、あなたに恋人募集中の人を紹介してくれそうな人はいるでしょうか。「なんだあのとき言ってくれれば紹介したのに!もうすでにその人にはいい人がいるよ」と言われては後の祭りです。
チャンスはそれを探し求めていない人の前には現れません。あなたがいい人を探していることを知った友人が心当たりの人を紹介してくれることだってあるでしょう。「あ、そういえば」と思い出してもらってあとで連絡がくるかもしれません。相手を紹介されたら、とりあえず会う約束を取り付けましょう。デートを始めるにはこうした行動力が大事です。
気軽に誘えば、断られてもドンマイ!と、立ち直るのだって早いもの。くれぐれも重く考えてはいけません。
友人の紹介から絶対に恋愛成就させる5つの秘策 - モデルプレス

デートは恋人同士だけのものではない

デートを軽んじてはいけませんが、大げさに考える必要もありません。アツアツの恋人同士が手をつないで公園を歩いている。すべてのデートにそんなイメージを持っていたとしたら大きな誤解です。
デートとはある程度好感を持っている男女が会って、一緒の時間を過ごすことです。恋人同士はもちろん、恋人同士になる可能性がある二人、元恋人同士の男女さえデートをするものです。必ずしも現在進行形の恋人同士だけのものではありません。

<デートで拡大する世界観>
好きになった人のことは何でも知りたいもの。家族、生い立ち、趣味、嗜好、職業観、人生観、社会的な出来事への関心など、毎回会うたびに人の価値観の多様性、世界観の広がりをあなたは実感します。他愛ない世間話をするだけでもよいでしょう。相手を知ることは、自分自身のことを知ることです。相手から見たもう一人の自分を再発見できます。
好きな異性と年齢を気にせずデートを楽しみましょう。デートは決して特別なことではありません。二人の男女が交流し、互いに刺激を受けると人生はより豊かなものになります。